賃貸物件・売買物件などお探しなら、リンク株式会社にお任せ下さい

お気軽にお電話下さい お問合せ、来店予約はこちらから

ブログ

持ち家か賃貸か?

もう何十年も繰り返されている論争ですが、結論は掘り下げると、「どのような物件を」「どのような状況の人が」「いくらで買うか?」で決まります。これ以上でもこれ以下でもありません。

安定的な仕事についていて、ある程度将来の見通しの立ちやすい人が「価格も手頃で」「将来的に流動性が高い場所(ここ大事)」で好みの物件を見つけたなら買いでしょう。 近くの実家を継ぐ予定などがなければ、賃貸売買関係なくどこかに居所は必要ですから。

現在の低金利で長期固定金利の融資を受けられ、金利も含めた支払総額が許容範囲であれば、より見通しは立てやすくなりますし今は各種減税も充実しています。
逆に立ち上げ期の会社経営者など不確定要素が大きい人は、先々状況の変化もあるでしょうから賃貸の方が無難とも言えます。賃料の半分は経費にできますし。

「持ち家は資産」といいますが、BS上は「負債」にも同額が載っていることを忘れてはいけません。自宅であっても、「自分で買って自分に貸す」という感覚で探すことが大切です。

話はそれますが、「2年で資産〇〇億円」等の本では、負債額、調達金利を踏まえた純資産ついては触れていない著者が多く、再現性はなくともここをしっかり明かしている人を私は信用します。

万人にベストな施策などはありません。Aさんにとってはいいことが、Bさんにとってはマイナスになることも往々にしてあります。
物件だけなくファイナンシャルプランニングに詳しい方に相談することをお勧めいたします。 

Share