賃貸物件・売買物件などお探しなら、リンク株式会社にお任せ下さい

お気軽にお電話下さい お問い合わせ

ブログ

賃貸は繁忙期真最中

繁忙期のおかげもあり、自社保有物件、オーナー様から管理を受託している物件(入居者募集依頼のみも含め)の入居率が97%まで到達しました。100%まであと少し。立地がよければ決まりはよいのは当然ですが、そうではない物件は価格設定と内装に工夫をこらさなければなりません。

例えば相場が80,000円の物件を、「賃料を下げたくないから」という理由だけで85,000円で募集を続けたとします。前の例では入居者がすぐ決まり、後の例では1か月後に決まったと仮定すると、収支がトントンになるまで1年半ほどの時間がかかることになります。さらに85,000円で入った入居者が収支が追いつく前に何らかの事情で退去してしまった場合、さらに損失は大きくなります。相場ピッタリか少し割安に設定した場合、入居者は長く住んでいただける傾向にあるので、その差は歴然です。

ローンの支払い等で賃料を下げられない事情があることもありますが、賃料は生き物です。もちろん状況が良い時は上げることも可能ですし、現在も中央区や港区など一等地では上昇傾向にあります。

しかし以前のようにどの地域でも右肩上がり、というわけではなく需要より供給が上回っている地域もたくさんあります。経済情勢や周辺の競合物件などをリサーチし、「賃料は常に変動するもの」という意識を持つことが安定運用には欠かせません。下手にリフォームに大金をかけて総投下資金に対する利回りを悪化させるより、賃料で調整した方がよいケースもたくさんあります。

不動産投資では長期的な視点が欠かせません。購入価格にも影響することですので、投資物件の購入前の疑問点や、空室で困っていらっしゃっるオーナー様は是非一度ご相談下さい。

Share